パブロフスク宮殿(読み)パブロフスクキュウデン

デジタル大辞泉の解説

パブロフスク‐きゅうでん【パブロフスク宮殿】

Pavlovskiy dvoretsПавловский дворец》ロシア連邦北西部、レニングラード州の都市サンクトペテルブルグの南郊の町パブロフスクにある新古典主義様式の宮殿。18世紀末、エカチェリーナ2世が息子パーベル皇太子(後のパーベル1世)のために建造。エカチェリーナ2世に仕えたスコットランドの建築家チャールズ=キャメロンが建設に加わり、英国式庭園も造られた。1990年に「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android