コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリのパンテオン パリのパンテオン

1件 の用語解説(パリのパンテオンの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パリのパンテオン【パリのパンテオン】

フランスの首都パリの5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘にある、幅110m、奥行き84mの新古典主義建築の建物。18世紀後半に、ルイ15世(1710~1774年)の病気回復を祝ってサントジュヌヴィエーヴ教会として建設された建物で、ギリシア十字の平面に大ドームコリント様式の円柱を持つ。のちに、フランス革命期の国民議会の決定によってフランスの偉人たちを祀る霊廟(れいびょう)となった。地下の墓所にはルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712~1778年)、ヴォルテール(Voltaire、1694~1778年)、ユーゴー(Victor-Marie Hugo、1802~1885年)、ゾラ(Émile Zola、1840~1902年)、ピエールキュリー(Pierre Curie、1859~1906年)、マルロー(André Malraux、1901~1976年)などの墓所がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリのパンテオンの関連キーワードコーマコレージュドフランスパリジャンLAティエールフォンビエイユフランスソワールヴィザヴィエルゾ岩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone