パルマ=ピアチェンツァ公国(読み)パルマ=ピアチェンツァこうこく(英語表記)Ducato di Parma e Piacenza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルマ=ピアチェンツァ公国
パルマ=ピアチェンツァこうこく
Ducato di Parma e Piacenza

16世紀から 19世紀中葉まで中部イタリアにあった公国。教皇パウルス3世が息子のピエル・ルイジ・ファルネーゼのために 1545年に建国。 1731年ファルネーゼ家の男子相続人が絶えると,エリザベッタ・ファルネーゼ (イサベル・ファルネセ ) のとつぎ先であるスペイン・ブルボン家が公国の相続権を得た。ナポレオン体制期にはフランスに併合されて一時消滅したが,ウィーン会議で再興が認められ,ナポレオン1世の妻だったオーストリア皇帝フランツ1世の娘マリア・ルイザ (マリ・ルイーズ ) に統治権がゆだねられた。 1847年の彼女の死により,再びスペイン・ブルボン家が支配権を得たが,イタリアの国家統一が進行していた 60年3月に住民投票に基づいてサルジニア王国への併合が決定され,公国の歴史は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android