パルマ=ピアチェンツァ公国(読み)パルマ=ピアチェンツァこうこく(英語表記)Ducato di Parma e Piacenza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

16世紀から 19世紀中葉まで中部イタリアにあった公国。教皇パウルス3世が息子のピエル・ルイジファルネーゼのために 1545年に建国。 1731年ファルネーゼ家の男子相続人が絶えると,エリザベッタ・ファルネーゼ (イサベル・ファルネセ ) のとつぎ先であるスペイン・ブルボン家が公国の相続権を得た。ナポレオン体制期にはフランスに併合されて一時消滅したが,ウィーン会議で再興が認められ,ナポレオン1世の妻だったオーストリア皇帝フランツ1世の娘マリア・ルイザ (マリ・ルイーズ ) に統治権がゆだねられた。 1847年の彼女の死により,再びスペイン・ブルボン家が支配権を得たが,イタリアの国家統一が進行していた 60年3月に住民投票に基づいてサルジニア王国への併合が決定され,公国の歴史は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android