コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレオパラドキシア Paleoparadoxia

世界大百科事典 第2版の解説

パレオパラドキシア【Paleoparadoxia】

中新世中期にいて絶滅した哺乳類の1属。ウシぐらいの大きさで水陸両生の生活をして,主として北太平洋の海岸地帯にいたものと思われ,現在のところ1種P.tabataiが知られる。日本および北アメリカ西海岸の各地で化石が発見されているが,岐阜県土岐市埼玉県秩父市カリフォルニアのスタンフォード大学構内では全骨格が発掘され,岡山県津山市でもまとまった骨格が発見されている。頭骨は低平,がんじょうな四肢骨はからだの側方へのび,胸に板状胸骨が発達するのが特徴で,臼歯も特異な形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パレオパラドキシアの関連キーワード津山郷土博物館デスモスチルスおがの化石館

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パレオパラドキシアの関連情報