コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレオパラドキシア Paleoparadoxia

1件 の用語解説(パレオパラドキシアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パレオパラドキシア【Paleoparadoxia】

中新世中期にいて絶滅した哺乳類の1属。ウシぐらいの大きさで水陸両生の生活をして,主として太平洋の海岸地帯にいたものと思われ,現在のところ1種P.tabataiが知られる。日本および北アメリカ西海岸の各地で化石が発見されているが,岐阜県土岐市埼玉県秩父市カリフォルニアスタンフォード大学構内では全骨格が発掘され,岡山県津山市でもまとまった骨格が発見されている。頭骨は低平,がんじょうな四肢骨はからだの側方へのび,胸に板状の胸骨が発達するのが特徴で,臼歯も特異な形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パレオパラドキシアの関連情報