パーペンディキュラー様式(読み)パーペンディキュラーようしき(英語表記)Perpendicular style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーペンディキュラー様式
パーペンディキュラーようしき
Perpendicular style

イギリスにおいてゴシック建築後期の 1360~1550年頃に行なわれた建築様式(→イギリス・ゴシック様式)。とりわけ垂直線を強調するところに特色があり,垂直様式ともいう。窓面を飾るトレーサリー,外壁,バットレスなどが,すべて垂直線を意識させるよう工夫されている。グロスター大聖堂キングズ・カレッジ礼拝堂ウェストミンスター寺院のヘンリー7世礼拝堂はその代表的な例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android