コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイデスの導師 ヒイデスのどうし

百科事典マイペディアの解説

ヒイデスの導師【ヒイデスのどうし】

1592年天草で刊行されたキリシタン版の一種。信仰の手引の意。スペインの神秘神学者ルイス・デ・グラナダ著《Introduction del symbolo de la fe(信経入門)》第5部の翻訳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ヒイデスの導師の関連キーワードキリシタン書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android