コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイデスの導師 ヒイデスのどうし

百科事典マイペディアの解説

ヒイデスの導師【ヒイデスのどうし】

1592年天草で刊行されたキリシタン版の一種。信仰の手引の意。スペインの神秘神学者ルイス・デ・グラナダ著《Introduction del symbolo de la fe(信経入門)》第5部の翻訳。《信心録》とも。ローマ字本・文語訳。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ヒイデスの導師の関連キーワードキリシタン書

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android