コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイラギナンテン(柊南天) ヒイラギナンテン Mahonia japonica

1件 の用語解説(ヒイラギナンテン(柊南天)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイラギナンテン(柊南天)
ヒイラギナンテン
Mahonia japonica

メギ科の常緑低木で,トウナンテンともいう。中国,台湾の原産で観賞用として庭園に植えられる。幹は直立し高さは 1mぐらいになる。革質で厚い羽状葉をつけ,小葉の縁にはヒイラギの葉のような大きな歯牙があり,その先はとげになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒイラギナンテン(柊南天)の関連キーワードナンテン(南天)フウセントウワタ烏薬南天柊南天松茱萸木茘枝蔓柾コダチトマトヒイラギナンテン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone