ヒイラギ(英語表記)Nuchequula nuchalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイラギ
Nuchequula nuchalis

スズキ目ヒイラギ科の魚。全長 15cmぐらいになる。体は長卵形で,著しく側扁する。口は小さいが,前下方に著しく伸出できる。鰭のとげは鋭く,ヒイラギ)の葉を思わせる。体色銀白色で,背方に暗色斑紋,後頭部背鰭前部に大きい黒色斑がある。発光バクテリア共生している。河口付近から内湾の浅所にかけて群生する。本州中部以南の沿岸や朝鮮半島南部,中国,台湾に分布する。定置網などに入り,食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒイラギ【Osmanthus heterophyllus (G.Don) P.S.Green(=O.ilicifolius (Hassk.) Mouillef.】

葉に鋭い鋸歯のあるモクセイ科の常緑小高木(イラスト)。節分に枝葉戸口に挿して邪鬼の侵入を防ぐ民俗がある。台湾名は柊樹。高さ10m,径30cmに達し,樹皮は帯褐灰白色,円形の皮目がある。葉は十字対生し,楕円形で長さ3~7cm,若木では刺端に終わる大型の鋸歯を1~4対もつが,老木では全縁,質厚く光沢があり,裏に半透明の腺点が散布する。秋10~11月,当年枝の葉腋(ようえき)に数花ずつの散形花序をつけ,芳香がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒイラギの関連情報