コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒサルカピヤ Hisar Kapiya/Хисар капия

デジタル大辞泉の解説

ヒサル‐カピヤ(Hisar Kapiya/Хисар капия)

ブルガリア中南部の都市プロブディフの旧市街の東門。紀元前4世紀にマケドニアフィリッポス2世が築いたネベトテペの要塞の門に起源する。その後、古代ローマ、オスマン帝国時代に破壊と再建が繰り返され、最も古い基礎の部分は2世紀頃のもので、現在残っている大部分は12世紀から14世紀頃に建造されたと考えられている。周囲には民族復興期の邸宅が集まっている。ヒサル門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android