コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドララジン hydralazin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドララジン
hydralazin

ハイドララジン。合成フタラジン誘導体で,抗高血圧剤に属する。主たる作用機序は血管平滑筋を直接拡張させることにあると考えられており,軽度から重症まで,広範囲にわたる高血圧症に用いられる。副作用としては頭痛,心悸亢進,食欲不振,悪心,嘔吐のほか,ごくまれに鼻づまり,流涙,振戦,発熱,皮膚発疹などの過敏性反応がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヒドララジンの言及

【血圧降下薬】より

…現在抗高血圧薬として使われているものを作用機序によって大別すると,(1)血管に作用してそれを拡張する薬物,(2)血管を支配して血管の緊張を維持している交感神経系の活性を抑えることにより血管を拡張させる薬物,(3)水とナトリウムの排出を促進して血圧を低下させる利尿降圧薬,(4)アンギオテンシン拮抗薬などがある。(1)血管に作用する薬物 血管壁の平滑筋に直接作用して弛緩させるものとしてヒドララジンが1950年代から治療に使われている。血管系でもとくに細動脈での弛緩作用が強い。…

※「ヒドララジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒドララジンの関連キーワード全身性エリテマトーデス血圧降下薬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android