コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバロ族 ヒバロぞくJivaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバロ族
ヒバロぞく
Jivaro

エクアドルやペルーのアンデス山脈東麓低部に広がる熱帯森林地帯に住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語的にはアンティパ族,アグアルナ族,ファンビザ族,アチュアル族とともに,独立したヘベロ=ヒバロ語族を形成する。人口は2万以下と推定される。キャッサバその他の作物を栽培し,野生果実や狩猟,漁労にも依存している。女性は土器などをつくり,また男性は手織機綿布をつくる。周辺の民族と反目し合い,敵の首を狩って儀礼に用いるという干し首の習俗をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒバロ族の関連キーワードモロナサンチアゴ州エクアドル頭蓋崇拝首狩り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android