ヒバロ族(読み)ヒバロぞく(英語表記)Jivaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバロ族
ヒバロぞく
Jivaro

エクアドルやペルーのアンデス山脈東麓低部に広がる熱帯森林地帯に住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語的にはアンティパ族,アグアルナ族,ファンビザ族,アチュアル族とともに,独立したヘベロ=ヒバロ語族を形成する。人口は2万以下と推定される。キャッサバその他の作物を栽培し,野生果実や狩猟,漁労にも依存している。女性は土器などをつくり,また男性は手織機綿布をつくる。周辺の民族と反目し合い,敵の首を狩って儀礼に用いるという干し首の習俗をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android