コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャジン(姫沙参) ヒメシャジンAdenophora nikoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシャジン(姫沙参)
ヒメシャジン
Adenophora nikoensis

キキョウ科の多年草で,中部地方以北の高山帯に分布する。地下の根茎は太く,茎は直立して高さ 20~40cmになり,無毛で何本か群立する。葉は通常は互生し,長さ3~8cmの広披針形または線状披針形で,先がとがり基部は楔形である。花は8~9月に茎の頂に総状をなし,少数がまばらにつく。萼片は線形であらい鋸歯があり,花冠は紫色の鐘形である。山ごとに変異が多く,ミョウギシャジン (北関東) ,ミヤマシャジン (中部山岳) などいくつかの変種が認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android