コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタオベリア Obelia plana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタオベリア
Obelia plana

刺胞動物門ヒドロ虫綱軟水母目ウミサカズキガヤ科。樹枝状に分岐して高さ 15cm以上の大きな群体になる。幹は暗褐色波形になり,各枝の基部に3~5個の横環がある。ヒドロ莢は長い鐘形で,柄の全長に5~8個の輪節がある。生殖莢は長卵形で枝の分岐点に生じる。7~9月頃に生殖莢から小さなクラゲが泳ぎだし,やがて触手が 60本にもふえ,4本の放射管の上に各1個の生殖巣をつける。浅海の海藻の上や桟橋などに夏から秋にかけて付着する。寒海性で,北海道各地から太平洋,大西洋の北部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヒラタオベリアの言及

【エダフトオベリア】より

…生殖体は深いつぼ状で,ヒドロ莢をつける柄の上脇部に生じ,一つのヒドロ茎に数個見られる。近縁種にはヤセオベリアO.dichotomaとヒラタオベリアO.planaがあり,前者は北海道から本州中部までの浅海の岩石その他に着生し,高さ2cmほどの群体をつくる。後者は北日本に分布し,夏から秋にかけては高さ30cm以上の大きな群体をつくる。…

※「ヒラタオベリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒラタオベリアの関連キーワードエダフトオベリア