ヒルギモドキ(英語表記)Lumnitzera racemosa (Willd.) Willd.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルギモドキ【Lumnitzera racemosa (Willd.) Willd.】

マングローブに生えるシクンシ科の常緑の低木または小高木で,高さ8~10m,直径30cmになる。呼吸根はもたない。葉は長さ3~9cmの狭倒卵形~長楕円形,全縁,多肉の革質で,小枝の先に集まって互生する。花は径6~10mm,白色の小花で葉腋(ようえき)に生じた短い総状花序につく。萼筒は先が5裂し,花弁5枚,おしべ10本。果実は緑色,やや木質で,長さ1~1.5cmの長楕円形。マングローブ樹木ではあるが,ヒルギ科の樹木と異なり種子は胎生ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android