コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルジン hirudin

大辞林 第三版の解説

ヒルジン【hirudin】

ヒルの唾液腺から分泌される物質。血液凝固を抑制する作用がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヒルジンの言及

【唾液】より

…ある種の昆虫,ムカデ類,ヘビなどは消化酵素とともに毒物を出して餌動物を麻痺させる。また吸血性の動物の唾液中には抗凝血物質や溶血物質の存在が知られ,ヒルにある抗凝血物質はヒルジンと呼ばれている。 唾液の分泌量のとくに多い例として反芻動物があげられる。…

【ヒル(蛭)】より

…胃の側方には体節的に側盲囊(そくもうのう)が並んでいて,血液が吸入されると非常に大きくふくれ,自分の体重の10倍もの血液を一時蓄えることができる。吸血する際にあごの付近にある唾液腺から血液の抗凝固物質ヒルジンhirudinが分泌されて血液の凝固を防いでいる。胃の中の血液は徐々に消化されるので,1年に2~3回の吸血で生活できる。…

※「ヒルジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒルジンの関連キーワードヒル(蛭)チスイビル血液凝固吸血動物ヤマビルヒル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android