コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルデスハイムの遺宝 ヒルデスハイムのいほう

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルデスハイムのいほう【ヒルデスハイムの遺宝】

ドイツ北部,ニーダーザクセン州のヒルデスハイム近郊で,1865年射撃場建設に際して出土した帝政ローマ時代の62個の銀製食器の総称。第2次大戦前はベルリン国立博物館,現在は同市の博物館に所蔵される。その約半数には重さと所有者刻銘があり,それらの食器は本来は複数の人の持物であったが,ローマ高官の手に渡り,前9年の当地方の戦争勃発前に土中に埋められたことが判明した。製作地はイタリア,ガリア,ライン川流域にわたっているが,器面に打ち出された植物文,動物文,それに神像はいずれもヘレニズム美術後期の様式を反映した古典主義的傾向が強く,このためアウグストゥス時代に作られたものであることが明らかとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android