コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルハウス The Hill House

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ヒルハウス Hillhouse, Percy Archibald

1869-1942 イギリスの造船学者。
1869年3月4日生まれ。グラスゴー大でまなび,造船会社に勤務。明治31年(1898)政府の招きで来日。東京帝大で造船学をおしえた。35年帰国。のちグラスゴー大教授となる。1942年9月28日死去。73歳。スコットランド出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ヒルハウス

没年:1942.9.28(1942.9.28)
生年:1869.3.4
明治期に来日したお雇い外国人。イギリス人造船技師。スコットランドのダービーの出身。グラスゴーで造船学を学ぶ。工部大学校創設にかかわったダイアーの関係もあって,明治31(1898)年に来日,東京帝大工学部の教授となり造船技術と理論を4年間教える。35年帰国ののちは,1909年からフェアフィールド造船所の技師長,1921年からグラスゴー大学の教授などを務めた。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ヒルハウスの関連キーワードマッキントッシュ(Charles Rennie Mackintosh)シルエット大山 捨松

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android