コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルハウス ヒルハウス The Hill House

4件 の用語解説(ヒルハウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒル‐ハウス(The Hill House)

英国スコットランド西部の町ヘレンズバラの北郊にある邸宅。1902年から1904年にかけて建造された。建築家マッキントッシュが友人のために設計し、家具のデザインも手がけた。マッキントッシュの代表作として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ヒルハウス Hillhouse, Percy Archibald

1869-1942 イギリスの造船学者。
1869年3月4日生まれ。グラスゴー大でまなび,造船会社に勤務。明治31年(1898)政府の招きで来日。東京帝大で造船学をおしえた。35年帰国。のちグラスゴー大教授となる。1942年9月28日死去。73歳。スコットランド出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ヒルハウス

没年:1942.9.28(1942.9.28)
生年:1869.3.4
明治期に来日したお雇い外国人イギリス人造船技師。スコットランドのダービーの出身。グラスゴーで造船学を学ぶ。工部大学校創設にかかわったダイアーの関係もあって,明治31(1898)年に来日,東京帝大工学部の教授となり造船技術と理論を4年間教える。35年帰国ののちは,1909年からフェアフィールド造船所の技師長,1921年からグラスゴー大学の教授などを務めた。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ヒルハウス【hill house】

ラダーバックチェア➀。◇マッキントッシュが設計した別荘ヒルハウスの寝室に置く椅子(いす)としてデザインされたことから。⇒ラダーバックチェア

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒルハウスの関連キーワードアビーフォックジョイナーメークブラウンスキンチゴッチェシャンドジュウェットフロラン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒルハウスの関連情報