コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンズークシ山脈 ヒンズークシサンミャク

デジタル大辞泉の解説

ヒンズークシ‐さんみゃく【ヒンズークシ山脈】

Hindu Kush》中央アジアのパミールから南西に伸びてアフガニスタン中部を走る山脈。最高峰はティリチミール山で、標高7706メートル。古来東西交通の難所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヒンズークシさんみゃく【ヒンズークシ山脈】

〔Hindu Kush〕 中央アジア、パミール高原からアフガニスタン中央部にかけて南西に走る新期褶曲山脈。長さ966キロメートル。7000メートル 級の高山が連なる。最高峰はチリチミール山(海抜7708メートル)。多くの峠を擁し、古来東西交通の要衝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヒンズークシ山脈の関連キーワードイストルオナール山バーミヤーンパミール高原バクトリアホラサーンアムダリアカブールチトラル