コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオローネ 〈イタリア〉violone

世界大百科事典 第2版の解説

ビオローネ【violone[イタリア]】

弦楽器の一種,大きなビオラの意。16世紀にはビオラ・ダ・ガンバのバスを,やがてそれより5度またはオクターブ低いコントラバス・ガンバを指すようになった。16世紀後半から顕著になった宮廷音楽における祝祭性は,より大きな合奏体を要求し,その土台を支える豊かな響きをもつ低音楽器の開発を促した。1600年前後から,身の丈ほどの弦楽器が多く製作され,通常の低音楽器(ガンバやチェロ)にさらにオクターブ下の音を重ね,合奏の低音線を充実させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビオローネの関連キーワードビオール族通奏低音

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android