コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオローネ ビオローネ〈イタリア〉violone

2件 の用語解説(ビオローネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビオローネ(〈イタリア〉violone)

低音域を奏する擦弦古楽器の一種。ビオラダガンバ族に属し、コントラバスが一般化するまでは、オーケストラの最低音域を受け持っていた。→ビオラダガンバ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビオローネ【violone[イタリア]】

弦楽器の一種,大きなビオラの意。16世紀にはビオラ・ダ・ガンバのバスを,やがてそれより5度またはオクターブ低いコントラバスガンバを指すようになった。16世紀後半から顕著になった宮廷音楽における祝祭性は,より大きな合奏体を要求し,その土台を支える豊かな響きをもつ低音楽器の開発を促した。1600年前後から,身の丈ほどの弦楽器が多く製作され,通常の低音楽器(ガンバやチェロ)にさらにオクターブ下の音を重ね,合奏の低音線を充実させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone