ビゴール(英語表記)Bigorre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゴール
Bigorre

フランス南西部,アドゥール川上流盆地を中心とする地方。オートピレネー県の主要部をなす。ローマ人,西ゴート人サラセン人の支配ののち 10世紀にビゴール伯領となり,幾多の変遷ののち,1425年にベアルンとともにフォア伯領となり,1607年にフランス王領となった。中心都市タルブの周辺には平野が広がり,ピレネー山地内には牧場が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のビゴールの言及

【ガスコーニュ】より

…デュマ作《三銃士》は,こうしたガスコーニュの若者たちを主人公に,彼らの冒険好きでほら吹きで,空威張りの気味はあるが友情に厚い気質(ガスコンかたぎ)をえがいている。 ピレネー地方には,西から,バスク,ベアルン,ビゴール,コマンジュの4地方が区別される。バスクは,スペインにかけて,独特の言語・習俗を守るバスク人の居住する地域で,バスク7州のうち,3州がフランス領に属している。…

※「ビゴール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android