コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビザンチン法 ビザンチンほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビザンチン法
ビザンチンほう

ユスチニアヌス帝 (在位 527~565) の法典編纂事業以後のビザンチン帝国の法。広くは,ローマ法の中に含まれる。ユスチニアヌス帝は古典ローマ法に基礎をおく法典編纂を行なったが,その後の法発展は古典法に復帰するよりはギリシア化,キリスト教化された東方国ローマに特有の法へと進んだ。ビザンチン法が別名ギリシア=ローマ法と称されるゆえんもここにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビザンチン法の関連キーワードユスティニアヌス[1世]プロコピウス[カエサレアの]ユスティノス[1世]ペイシストラトスユスチニアヌス1世ユスチヌス1世闔閭シナイ半島テオドラヒッピアス(古代ギリシアの僭主)