コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスコンチ・ベノスタ ビスコンチ・ベノスタVisconti Venosta, Emilio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスコンチ・ベノスタ
Visconti Venosta, Emilio

[生]1829.1.22. ミラノ
[没]1914.11.24. ローマ
イタリアの政治家。リソルジメント運動で最初急進的なマッツィーニ派に属したが,のちに穏健なカブール派に移行した。イタリア統一後,1863~64,66~67,69~76年に外相となり,その間フランス占領下のローマを奪回する課題に取組んだ。 20年間は右派政治家として閣外にいたが,アドワの戦いの敗北後,F.クリスピ内閣が倒れ,右派の A.ルディニ内閣が成立すると,96~98,99~1901年の両度外相に返り咲き,イタリアがドイツ,オーストリアとの三国同盟に深入りする危険を考慮して,隣国フランスとの友好を保つための外交を追求した。この外交政策が第1次世界大戦でイタリアがイギリス,フランス側に立って参戦する基礎をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビスコンチ・ベノスタの関連キーワードリソルジメント運動ビスコンティアドワ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android