コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国同盟 さんごくどうめいTriple Alliance

翻訳|Triple Alliance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国同盟
さんごくどうめい
Triple Alliance

1882~1915年のドイツオーストリアイタリア3国間の秘密防御同盟。イギリス,フランス,ロシアの三国協商とともに第1次世界大戦を誘導するヨーロッパの帝国主義的国際対立の一陣営であった。三国同盟締結の直接的動機は 1881年4月のフランスのチュニジア占領で,これによってイタリアはオーストリア,ドイツに接近,イタリアとフランスとの接近を恐れるドイツが,翌年オーストリアを説得し同盟条約を結んだもの。しかしオーストリアとの領土をめぐる利害対立からイタリアは 1902年以降三国協商に接近し,フランスとの間に相互中立協定を結び,第1次世界大戦勃発に際しては中立を宣言,翌 15年4月ロンドン密約に基づき5月3日条約廃棄を宣言して三国同盟は解体した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三国同盟【さんごくどうめい】

独・・オーストリア間の軍事同盟。1882年条約成立,以後4度更新。英・仏・露の三国協商との対立によって,第1次世界大戦前の国際的緊張の一因となった。しかしイタリアは次第に同盟から離反,大戦に際しては同盟国を援助せず,1915年ロンドン密約により協商国側に立って参戦,同盟は崩壊
→関連項目英露協商ドイツ革命ビスマルク露仏同盟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくどうめい【三国同盟 Triple Alliance】

1882年から1915年まで存続したドイツ,オーストリア・ハンガリー,イタリア間の秘密軍事防御同盟。英仏露三国協商と対立し,第1次世界大戦の一方の陣営を形成した。ドイツ帝国成立後のビスマルク外交の目標は,フランスを孤立させ,その対復讐戦争を防止することにあった。ビスマルクは1881年にドイツ,オーストリア・ハンガリー,ロシアの間に三帝同盟を成立させたが,イタリアがチロル,トリエステをめぐってオーストリア・ハンガリーと不和であったことから,フランスに接近するのを恐れていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんごくどうめい【三国同盟】

1882年(明治15)、独・墺・伊が締結した秘密軍事同盟。三国協商と対立して第一次大戦に発展。1915年、イタリアの離脱で廃棄。
1940年(昭和15)、日・独・伊が締結した軍事同盟。アメリカを刺激し、太平洋戦争突入の要因となった。43年のイタリア降伏、45年のドイツ降伏で崩壊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三国同盟の関連キーワードロペス(Francisco Solano López)三国同盟(日独伊三国同盟)ハインリッヒ シュターマー有田=クレーギー会談ベルリンローマ枢軸サン・ジュリアーノG. アウリティリッベントロップ第一次世界大戦日独伊防共協定日独伊三国同盟パラグアイ戦争米内光政内閣アントネスクティットーニスターマーマンチーニ及川古志郎山本五十六第一次大戦

三国同盟の関連情報