ビスコース繊維(読み)ビスコースせんい(英語表記)viscose fibre; viscose rayon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスコース繊維
ビスコースせんい
viscose fibre; viscose rayon

ビスコースレーヨンともいう。ビスコース紡糸して得られる再生セルロース繊維。木材などから得られるパルプを水酸化ナトリウムでアルカリセルロースとしたのち,二硫化炭素で硫化し,水酸化ナトリウム水溶液に溶かした水飴状のものをビスコースといい,これを酸性の紡糸浴に噴出して繊維状にする。ビスコースではセルロースがセルロースキサントゲン酸塩となっているが,ビスコース繊維ではもとのセルロースに再生されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android