コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリオ Giuseppe di Vittorio

世界大百科事典 第2版の解説

ビットリオ【Giuseppe di Vittorio】

1892‐1957
イタリアの労働運動指導家。工場労働者出身。1913年イタリア労働組合同盟中央委員となり,その後ムッソリーニ治下の北部イタリアの労働運動の組織化に活躍した。36‐39年のスペイン市民戦争に際しては人民戦線側に立って参加した。第2次大戦末期にはパルチザン部隊を結成して反ナチス・ゲリラ戦を指導,イタリア解放につくした。労働運動においては共産党と社会党統一戦線の実現に力を注ぎ,45年イタリア労働総同盟(CGIL)創立に尽力しその書記長となる(‐1957)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビットリオ
びっとりお

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビットリオの言及

【CGIL】より

…CGIL内においては抵抗闘争における大衆指導の力量を反映して共産党系の力が圧倒的であり,書記長は今日まで共産党系が掌握している。初代書記長ビットリオGiuseppe di Vittorio(1892‐1957)は,共産党中央委員であり,また世界労連創立に際し副委員長,のち委員長に就任した。戦後の高揚期が過ぎると内部対立が激化し,48年以降カトリック系,社民系がぬけ,それぞれCISL,UILを結成した。…

【CGIL】より

…CGIL内においては抵抗闘争における大衆指導の力量を反映して共産党系の力が圧倒的であり,書記長は今日まで共産党系が掌握している。初代書記長ビットリオGiuseppe di Vittorio(1892‐1957)は,共産党中央委員であり,また世界労連創立に際し副委員長,のち委員長に就任した。戦後の高揚期が過ぎると内部対立が激化し,48年以降カトリック系,社民系がぬけ,それぞれCISL,UILを結成した。…

※「ビットリオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビットリオの関連キーワードヴィットーリオ・エマヌエーレ(1世)ヴィットーリオ・エマヌエーレ(2世)ヴィットーリオ・エマヌエーレ(3世)ジュゼッペ・ディ ヴィットリオビットリオ・エマヌエレ(1世)ビットリオエマヌエレ二世記念堂グッドモーニング・バビロン!マドリード・コレクションビットリオ タビアーニカルロ・エマヌエレ3世カルロ・エマヌエレ4世カルロ・エマヌエレ2世サン★ロレンツォの夜ストゥピニージ宮殿パオロ タビアーニレジーナエレナ庭園カルロ・アルベルト昨日・今日・明日クイリナーレ宮殿サルデーニャ王国

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビットリオの関連情報