コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビテュニア Bithynia

1件 の用語解説(ビテュニアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビテュニア【Bithynia】

小アジア北西部の古称。山岳地帯ではあったが海岸部に良港をもち,肥沃な平野,牧草地にも恵まれ,良材,果物,穀物,大理石などを産した。住民はトラキア系であり,固有の風俗習慣を守っていた。沿岸地帯にギリシア人植民都市が建設されるにつれて両者の間には戦争が生じた。アケメネス朝ペルシアの支配下では不完全ながらも自治を保ち,ディアドコイ戦争の混乱時にビテュニア王国が成立した(前298か前297)。前3~前2世紀初めにかけて隣国との国境地帯やギリシア人植民都市を占領・併合し,ヘレニズム文化を吸収して強国となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビテュニアの関連キーワードアナトリアイオニアイッソスの戦いシャモア火田山西山地帯小アジアトロイア野村進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone