ビャトカ川(読み)ビャトカがわ(英語表記)reka Vyatka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャトカ川
ビャトカがわ
reka Vyatka

ロシア西部,キーロフ州タタルスタン共和国を流れる川。ボルガ川支流カマ川の右岸支流。全長 1314km。流域面積 12万 9000km2。ウラル山脈中部の西方にある上カマ丘陵に源を発し,北流,南西流し,キーロフを過ぎたのち南東に流れを変えてカマ川最下流部に注ぐ。 11月初旬~4月中旬は結氷。カマ川との合流点から 700km上流のキーロフまで航行可能。沿岸主要都市はキーロフのほか,コテリニチソビエツク

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android