コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャトカ

百科事典マイペディアの解説

ビャトカ

ロシア北西部,ビャトカ川ボルガ川の支流)に臨む都市で,同名州の州都。1934年キーロフと改称されたが,1990年代に旧称ビャトカに復した。機械,木工,製靴,マッチなどの工業が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のビャトカの言及

【キーロフ】より

…ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの中東部,同名州の州都。カマ川支流ビャトカ川の河港。人口49万1200(1992)。…

※「ビャトカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビャトカの関連キーワードキーロフ(Sergey Mironovich Kirov)アレクサンドル グリーンウドムルト[共和国]キーロボチェペツクタタルスタン共和国ウドムルト共和国マトリョーシカコンドン遺跡シチェドリンスロボツコイキーロフ州コテリニチベフテレフゲルツェンベヒテレフペステリグラゾフカマ川

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android