コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャトカ

百科事典マイペディアの解説

ビャトカ

ロシア北西部,ビャトカ川ボルガ川の支流)に臨む都市で,同名州の州都。1934年キーロフと改称されたが,1990年代に旧称ビャトカに復した。機械,木工,製靴,マッチなどの工業が行われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のビャトカの言及

【キーロフ】より

…ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの中東部,同名州の州都。カマ川支流ビャトカ川の河港。人口49万1200(1992)。…

※「ビャトカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ビャトカの関連キーワードキーロフ(Sergey Mironovich Kirov)アレクサンドル グリーンウドムルト[共和国]キーロボチェペツクタタルスタン共和国ウドムルト共和国マトリョーシカコンドン遺跡シチェドリンスロボツコイベフテレフキーロフ州コテリニチベヒテレフゲルツェングラゾフペステリカマ川

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android