コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルゲ・カガン( 毗伽可汗) ビルゲ・カガン Bilgä Khaghan

1件 の用語解説(ビルゲ・カガン( 毗伽可汗)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルゲ・カガン(


毗伽可汗)
ビルゲ・カガン
Bilgä Khaghan

[生]?
[没]734
突厥カガン (在位 716~734) 。突厥第2帝国を復興したクトルク (骨咄禄) の子。もとシャドであったが,716年叔父の黙啜可汗 (もくてつかがん) が鉄勒諸部に殺され,カガン継承問題で突厥に内乱が生じたとき,弟のキョル・テギン (闕特勤) と協力し,黙啜の子とその信任する臣たちとを殺し,カガンとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビルゲ・カガン( 毗伽可汗)の関連キーワード階乗リーマン幾何学NエヌビルゲカガンN末端残基突厥(とっけつ)Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone