コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙啜可汗 もくてつかがんMo-chuo Ke-han; Mu-ch`o K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黙啜可汗
もくてつかがん
Mo-chuo Ke-han; Mu-ch`o K`o-han

[生]?
[没]716
復興後の突厥カガン (在位 691~716) 。突厥碑文ではカプガン・カガンと記される。 691年兄の阿史那骨咄禄の死後,その子の幼いのに乗じて位を奪い,カガンとなった。その在位中,奚,契丹,キルギス,タングート,さらにはバスミル,チュルギシュ (突騎施) などの諸部を破り,領域を拡大するとともに東西交通の要地を押え,再び突厥の隆盛をもたらした。しかし晩年には政治が乱れて鉄勒諸部の反乱を招き,これを押えたものの,バイルク (抜曳固) の襲撃にあって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黙啜可汗
もくてつかがん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黙啜可汗の言及

【突厥】より

…これ以後を突厥第二可汗(帝)国と呼ぶ。頡跌利施可汗の弟,黙啜(カプガンQapghan)可汗時代に,東は契丹,北はキルギス,西はビシュバリクのバスミルおよびイルティシュ川方面のトゥルギシュを討ち,さらに頡跌利施可汗の子ビルゲ・ハガンが直系を復活して弟の闕特勤(キョル・テギンKöl Tegin。685‐731)とともに,父の代からの功臣トニユククTonyuquq(阿史徳元珍)の助言を得ながら遊牧騎馬国家の復興を成し遂げた。…

※「黙啜可汗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黙啜可汗の関連キーワードビルゲ・カガン(毗伽可汗)トニュクク(暾欲谷)ハガン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android