コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルドアップ係数 build-up factor

1件 の用語解説(ビルドアップ係数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ビルドアップ係数【build-up factor】

放射線が遮蔽物質に入射すると,通常の場合であれば,吸収や散乱の結果強度は減衰する.距離 R だけ進んだときのその強度は

となる.ここで λ は衰弱距離と呼ばれるが,強度が1/e となるまでの距離である.

中性子や γ 線がかなり厚い吸収層を通過した場合には,上の式よりも線量が大きくなる.これは何度も散乱を受けた放射線が再びビームに加わってくるためで,その結果は下の式のようになる

このときの B のことをビルドアップ係数という.これは放射線の強さと遮蔽体の厚さとの関数である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビルドアップ係数の関連キーワード放射線科放射線化学放射線生物学ホットラボ遮蔽物線量放射線分解ガイガー-ミュラー計数管放射線殺虫放射線照射

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone