コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルドアップ係数 build-up factor

法則の辞典の解説

ビルドアップ係数【build-up factor】

放射線が遮蔽物質に入射すると,通常の場合であれば,吸収や散乱の結果強度は減衰する.距離 R だけ進んだときのその強度は

となる.ここで λ は衰弱距離と呼ばれるが,強度が1/e となるまでの距離である.

中性子や γ 線がかなり厚い吸収層を通過した場合には,上の式よりも線量が大きくなる.これは何度も散乱を受けた放射線が再びビームに加わってくるためで,その結果は下の式のようになる

このときの B のことをビルドアップ係数という.これは放射線の強さと遮蔽体の厚さとの関数である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android