コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルマ・ロード Burma Road

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ・ロード
Burma Road

日中戦争中,日本が中国の沿岸北域を占領したのに対し,外界から中国へ軍需物資などの補給を続けるために,1939年中国側が完成させた道路。ビルマ (現ミャンマー) のラーショウから中国の昆明までの 1154km。 滇緬公路 (てんめんこうろ) とも呼ばれ,日本側からの言葉でいわゆる「援蒋ルート」の一つ。 40年 10月以後は中国と海を結ぶ唯一のルートとなったが,42年に日本がビルマを占領すると同時に閉鎖された。 44年に連合軍が北ビルマに進出,インドのレドから中国側のビルマ・ロードに達する新道路が建設された。この新道路は 765kmあり,45年1月に完成,レド・ロードあるいはスティルウェル・ロードと呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビルマ・ロードの関連キーワードビルマ・ルート日中戦争

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android