コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビース教会 ビースキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ビース‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ビース教会】

Wieskirche》ドイツ南部、バイエルン州、フュッセンの近郊の町、シュタインガーテンにある教会。1746年から1754年にかけて、ドイツの建築家、ドミニクス=ツィンマーマンにより建造。特にその内部装飾と天井画はドイツロココ様式の最高傑作とされ、1983年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ビース教会の関連キーワードロマンチック街道ツィンマーマンバイエルン州フュッセンドミニクス天井画

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android