コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーチバレーボール beach volleyball

翻訳|beach volleyball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーチバレーボール
beach volleyball

砂地で行なわれるバレーボール。 1930年にアメリカ合衆国カリフォルニアで始まったといわれる。バレーボールの身体トレーニングに役立ち,レクリエーションとしても楽しめるため,しだいに世界各国に広がった。アメリカ,ブラジル,フランス,イタリアなどで盛んで,夏にはこれらの国を転戦する世界レベルの大会が行なわれている。日本で始まったのは 1987年からで,現在では男子,女子ともプロ選手がおり,全日本選手権大会に相当する「ビーチバレージャパン」をはじめ,全国で 200以上の大会が行なわれている。競技はコート面が砂地であれば,海岸である必要はない。1チームは2人で構成され,コートは 16m× 8m。ネットの高さは男子が 2.43m,女子が 2.24m。ルールは基本的には6人制バレーボールと同じ。日本ではビーチバレーボール普及のため,日本バレーボール協会とは別に,日本ビーチバレー連盟が設けられている。 1996年のアトランタ・オリンピック競技大会からオリンピック正式競技となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ビーチバレーボール

屋外の砂の上にコートを設置し、1チーム2人が裸足でゲームを行うバレーボール。1920年代に米国西海岸のサンタモニカで生まれた。96年アトランタ・オリンピックから正式種目。ワールドツアーと呼ばれる20を超える国際的な賞金大会が開催され、その結果でポイントを与えられ、ワールドランキングが作成されると共に、ランキング上位チームにはオリンピックの出場資格が与えられる。公式ルールは16m×8mのコートで、円周66〜68cm、重量260〜280g、黄色またはオレンジなどの明るい色のボールを使用。試合は3セットマッチで2セット先取したチームが勝ち。得点方式はラリーポイント制で、第1・2セットは21点、第3セットは15点、タイブレークの場合は2点差がつくまで。3回以内で返球し、ブロックタッチは1回と数える。

(中西康己 筑波大学人間総合科学系 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ビーチバレーボールの関連キーワードデフリンピックサマランチ遠藤史樹キライ畑信也

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーチバレーボールの関連情報