コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーネック Bienek, Horst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーネック
Bienek, Horst

[生]1930.5.7. グライウィツ(現ポーランド,グリウィツェ)
[没]1990.12.7. ミュンヘン
ドイツの詩人,小説家。東ドイツで B.ブレヒトに師事したが,1951年政治犯としてシベリアに流刑,1955年西ドイツに移住。その間の体験を詩文集『囚人の夢の本』 Traumbuch eines Gefangenen (1957) ,小説『独房』 Die Zelle (1968) に描いた。ほかに第2次世界大戦中の故郷グライウィツを描いた「グライウィツ4部作」とされる歴史小説『最後のポルカ』 Die erste Polka (1975) ,『秋の光』 Septemberlicht (1977) ,『鐘のない時』 Zeit ohne Glocken (1979) ,『土と火』 Ende und Feuer (1982) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビーネックの関連キーワード東欧演劇5月7日

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android