コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアノ奏法 ピアノそうほう pianoforte playing

1件 の用語解説(ピアノ奏法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアノ奏法
ピアノそうほう
pianoforte playing

ピアノの機構や作曲様式に合せて考えられた演奏技法。チェンバロクラビコードの奏法から発展,継承されたものが,18世紀中頃 C.P.E.バッハの奏法書において集大成された。それ以後ピアノが楽器として完成されると,ベートーベンがそれまでのチェンバロ風なレガート奏法に劇的な表現を加えたり,K.チェルニーや M.クレメンティがその練習曲集を通じて,それまでのフィンガーテクニックに対して手首や肘の関節を使う奏法を示し,平均したタッチと効果的なオクターブ奏法などを生み出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピアノ奏法の関連キーワードピアノフォルテピアノの森リディール機構モーツァルト:二台のピアノのための協奏曲 変ホ長調(第10番)/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ協奏曲 第11番 ヘ長調/piano and orchestra(concerto)ドビュッシー:小組曲/1 piano 4 handsストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ/piano soloタールベルクヘンゼルト中田 喜直

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアノ奏法の関連情報