コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアノ奏法 ピアノそうほうpianoforte playing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアノ奏法
ピアノそうほう
pianoforte playing

ピアノの機構や作曲様式に合せて考えられた演奏技法。チェンバロクラビコードの奏法から発展,継承されたものが,18世紀中頃 C.P.E.バッハの奏法書において集大成された。それ以後ピアノが楽器として完成されると,ベートーベンがそれまでのチェンバロ風なレガート奏法に劇的な表現を加えたり,K.チェルニーや M.クレメンティがその練習曲集を通じて,それまでのフィンガーテクニックに対して手首や肘の関節を使う奏法を示し,平均したタッチと効果的なオクターブ奏法などを生み出した。さらにショパンリストは,腕全体の柔軟な打鍵法の案出によりロマンティックで繊細,華麗なタッチを可能にした。 19世紀後半以後は,腕の力を抜いて自由にし,その重力を効果的に用いる奏法が研究されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアノ奏法の関連情報