コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウラ県 ピウラPiura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウラ〔県〕
ピウラ
Piura

ペルー北西部,太平洋にのぞむ県。県都ピウラ。西部は海岸砂漠地帯,東部はアンデス山脈西麓の森林地帯から成る。砂漠地帯ではチラ,ピウラなどの河川の水を利用してワタが,南東部のピウラ川上流部河谷ではサトウキビ,イネ,タバコ,ブドウ,トウモロコシが栽培される。牧牛も盛んで,山地で放牧されたウシは低地の灌漑地帯で肥育される。 1864年油田が発見されて以来,石油生産が県の経済にとって重要な役割を果している。おもな油田は沿岸にある同国最大のブレア=パリナス油田で,その中央に位置するタララに製油所がある。パンアメリカン・ハイウェーがタララ,スヤナ,ピウラなどを経て,砂漠地帯を縦断する。面積3万 5892km2。人口 141万 3800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピウラ県の関連キーワードトゥンベス県ベラスコペルーパイタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android