ピエール トロワグロ(英語表記)Pierre Emile René Troisgros

現代外国人名録2016の解説

ピエール トロワグロ
Pierre Emile René Troisgros

職業・肩書
料理人

国籍
フランス

生年月日
1928年9月3日

出生地
シャロン・シュール・ソーヌ

勲章褒章
レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ章〔1987年〕

経歴
両親は小さなホテルとカフェを経営。パリに出て“リュカ・カルトン”で伝統的なフランス料理を学び、フェルナン・ポアンに師事、さらに“マキシム”で修業を積んだ。故郷に戻り、兄のジャンと共に家業を継ぐ。1955年ミシュランのレストラン・ガイドで一つ星を獲得。’65年二つ星、’68年三つ星に昇格。以来、自分達が作り上げた伝統の味を守り続け、長年に渡って受賞を続ける。’67年マキシム銀座店初代料理長として来日、日本におけるフランス料理のを築いた。世界中のフランス料理店のメニューに載る“ソーモン・オゼイユ”(サケの薄切りすいば風)の考案者としても知られる。’87年シェフとしては初めて、兄弟そろってレジオン・ド・ヌール勲章を受章。兄の死後は息子と共に腕をふるう。親日家。著書に「ロアンヌの料理人たち」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android