ピオ・クレメンティノ美術館(読み)ピオ・クレメンティノびじゅつかん(英語表記)Museo Pio Clementino, Città del Vaticano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオ・クレメンティノ美術館
ピオ・クレメンティノびじゅつかん
Museo Pio Clementino, Città del Vaticano

バチカン市国の美術館(→バチカン美術館)。教皇クレメンス14世(在位 1769~74)が創設し,ピウス6世(在位 1775~99)が完成させた。1773年公開。八角内庭を中心に,ギリシア十字室,ミューズ室,動物室,胸像室,ロトンダロッジア,シモネッティ階段などからなる建物に,古代ギリシア・ローマ時代の彫刻とその模作,陶器その他の工芸品を所蔵している。おもな所蔵作品はプラクシテレス作『クニドスのアフロディテ』(前350頃,ローマ時代模作),アポロニオス作『ベルベデーレのトルソ』(前1世紀中頃),『ラオコーン群像』(前150~前50頃)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android