ピオ・クレメンティノ美術館(読み)ピオ・クレメンティノびじゅつかん(英語表記)Museo Pio Clementino, Città del Vaticano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオ・クレメンティノ美術館
ピオ・クレメンティノびじゅつかん
Museo Pio Clementino, Città del Vaticano

バチカン市国の美術館(→バチカン美術館)。教皇クレメンス14世(在位 1769~74)が創設し,ピウス6世(在位 1775~99)が完成させた。1773年公開。八角内庭を中心に,ギリシア十字室,ミューズ室,動物室,胸像室,ロトンダロッジア,シモネッティ階段などからなる建物に,古代ギリシア・ローマ時代の彫刻とその模作,陶器その他の工芸品を所蔵している。おもな所蔵作品はプラクシテレス作『クニドスのアフロディテ』(前350頃,ローマ時代模作),アポロニオス作『ベルベデーレのトルソ』(前1世紀中頃),『ラオコーン群像』(前150~前50頃)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android