コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピガフェッタ Pigafetta, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピガフェッタ
Pigafetta, Antonio

[生]1480/1491. ビチェンツァ
[没]1534頃
イタリアの航海者。 F.マゼランの世界周航に加わって,1519年セビリアを出発,22年に無事に帰国した。この航海の貴重な記録を書き残し,のち各国語に訳されて公刊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピガフェッタ【Antonio Pigafetta】

1480から91ころ‐1534ころ
マゼラン(マガリャンイス)の世界周航に参加してその記録を書き残したイタリア人。北イタリアのビチェンツァの小貴族の出身で,ヨハネ騎士団の軍人修士。1519年ごろ,ローマ教皇の使節フランチェスコ・キエレガトの侍者としてスペインに滞在中,マゼランの航海計画を知り参加,19年8月セビリャを出帆した。遠征隊は5隻の帆船と237人の乗組員で構成されていたが,22年9月にスペインへ帰国できたのは,ビクトリア号1隻と18人の乗組員だけで,彼はこの幸運にあずかった1人であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピガフェッタの言及

【オオミヤシ】より

…ゼラチン状の胚乳は美味で,セーシェル諸島民の好物の一つとなっている。この巨大なヤシについては,F.マゼランの世界周航に同行し,記録を残したA.ピガフェッタが1519年に原住民パイロットの話としてふれている。その巨大な種子については,16世紀にインドに渡航したポルトガル人によって言及され,1611年,インド洋のモルジブ島の海岸に漂着したものをピラードPyrardという人が発見したので,しばらくはモルジブ島産と信じられた。…

※「ピガフェッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピガフェッタの関連キーワードマジェラン長南実

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android