ピクライト質玄武岩(読み)ピクライトしつげんぶがん(英語表記)picritic basalt

岩石学辞典の解説

ピクライト質玄武岩

優黒質な橄欖(かんらん)石玄武岩で,橄欖石オージャイト斑晶となり,石基にはオージャイトや不透明鉱物が多く,少量のラブラドライトと間にガラスを含んでいる.角閃石,黒雲母,アナルサイトなどを含むものがある.アルカリ橄欖石玄武岩橄欖石ソレアイトの中で,特に橄欖石に富み50%以上の橄欖石が存在するものは,アルカリ・ピクライトおよびソレアイト質ピクライト(またはソレアイト質ピクライト玄武岩)といい,一般にピクライト質玄武岩という.ワシントンはこの語をさらに橄欖石の多い岩石に用いている.後にワシントンはこの名称をピクライト玄武岩(picrite basalt)とした[Washington : 1923, Johannsen : 1937].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android