ピシウム病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

ピシウム病(ライグラス)

2006年11月栃木県那須塩原市のイタリアンライグラス圃場で発生した病害。罹病植物は地上部が黄化萎凋、枯死し、地際の褐変および根の黒変が認められる。播種後9-10月の気温が高く推移すると多発し、病勢が進むと欠株となる。ライグラスの芝地で既に報告のある病害だが、病原菌3種はいずれもライグラスでは初報告である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android