コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピシウム病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

ピシウム病(ライグラス)

2006年11月栃木県那須塩原市のイタリアンライグラス圃場で発生した病害。罹病植物は地上部が黄化萎凋、枯死し、地際褐変および根の黒変が認められる。播種後9-10月の気温が高く推移すると多発し、病勢が進むと欠株となる。ライグラスの芝地で既に報告のある病害だが、病原菌3種はいずれもライグラスでは初報告である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

ピシウム病(ライグラス)の関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android