コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐変 かっぺん

3件 の用語解説(褐変の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かっぺん【褐変】

植物体の一部分が病変などにより褐色に変わること。
食品が、加工・調理または保存中に褐色に変わること。酵素的褐変と非酵素的褐変とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

褐変

 食品が褐色に変化すること.むいたリンゴの褐変のように酵素が原因になるもの(酵素的褐変)と,熱によるカラメルの生成のように酵素が関係しないもの(非酵素褐変)がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褐変
かっぺん

調理、あるいは食品加工、保存などでおこる色の変化で、褐色に変化するものをこの名でよぶ。ひと口に褐変といってもさまざまのものがある。大別して、食品中に含まれる色素成分によるもの、調理や食品加工過程で加熱により生じるもの、長期保存により出てくるものがある。食品中の色素成分によるものとしては、ポリフェノールの酸化酵素による褐変がおもなものである。ゴボウヤマノイモ、リンゴなどの切り口が黒褐色に変化するのがこの例である。加熱によるものではカラメル化と、メラノイジンを生成するアミノカルボニル反応がある。前者は糖の加熱変化により、後者は糖とアミノ酸化学反応により生じる。アミノカルボニル反応は焼き菓子などの焼き物によい焼き色と香りを生成する重要な変化である。食品加工中では加熱がなくても徐々におこり、みそ、しょうゆの製造中に生ずる褐変はこれである。これらの食品は、加工後の保存中も褐変するが、これもアミノカルボニル反応であり、これは食品の品質低下につながる。[河野友美・山口米子]
『木村進・中林敏郎・加藤博通編著『食品の変色の化学』(1995・光琳) ▽流通システム研究センター編・刊『インフォーメディア・シリーズ26 文献にみる食品の変色対策――生鮮食品と加工食品の製造・保存における変色・退色・褐変』(2002)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐変の関連キーワードゴム病ポルホビリノーゲン転化殿様蝗虫酸性反応酵素的褐変黒変米酸素化緑変現象冷凍変性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褐変の関連情報