ピッタコス(英語表記)Pittakos

世界大百科事典 第2版の解説

ピッタコス【Pittakos】

前650ころ‐前570ころ
エーゲ海に浮かぶレスボス島のミュティレネの政治家。ギリシアの〈七賢人〉の一人に数えられている。詩人アルカイオスの兄たちと力をあわせて,メランクロスの僭主政を打倒し,前590年ころから10年間アイシュムネテス(調停者)としてミュティレネを治めた。彼は有力な貴族の出身と思われるが,同時代のアテナイの改革者ソロンに比べられる民主的な識見の持主だったといえよう。【安藤 弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピッタコスの言及

【七賢人】より

…たとえば〈万事,度を越すな〉など穏健な処世訓を説く格言の作者とされる。もっとも普通のリストで挙げられるのは,ミレトスのタレス,アテナイのソロン,スパルタのキロンChilōn,ミュティレネのピッタコス,プリエネのビアスBias,コリントスのペリアンドロスPeriandros,リンドスのクレオブロスKleoboulos。このうち若干の者は他と入れかえられることがある。…

※「ピッタコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android