コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピテケロビウム Pithecellobium

1件 の用語解説(ピテケロビウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピテケロビウム【Pithecellobium】

熱帯域に200種ほどが分化しているマメ科キンキジュ属の高木になる木本植物。托葉はしばしばとげ状になり,葉は2~3回羽状複葉で,少数から多数の羽片を有する。果実はコイル状によじれ曲がり,その形から英語でmonkey’s earringと呼ばれることがある。 キンキジュP.dulce Benth.(英名Manila tamarind,camachile,huamuchil,guamachil,Madras thorn)は中米熱帯原産で樹高20mをこえる大きさになり,枝を四方に広げて美しいので,熱帯域の街路樹としてしばしば栽植されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピテケロビウムの関連キーワード熱帯植物蔓豆熱帯林八升豆死滅回遊魚豆咲きシカクマメナタマメ熱帯性スプルーマメ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone