コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピテケロビウム Pithecellobium

世界大百科事典 第2版の解説

ピテケロビウム【Pithecellobium】

熱帯域に200種ほどが分化しているマメ科キンキジュ属の高木になる木本植物。托葉はしばしばとげ状になり,葉は2~3回羽状複葉で,少数から多数の羽片を有する。果実はコイル状によじれ曲がり,その形から英語でmonkey’s earringと呼ばれることがある。 キンキジュP.dulce Benth.(英名Manila tamarind,camachile,huamuchil,guamachil,Madras thorn)は中米熱帯原産で樹高20mをこえる大きさになり,枝を四方に広げて美しいので,熱帯域の街路樹としてしばしば栽植されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピテケロビウムの関連キーワードマイケル フェルプスマイケル フェルプスライアン ロクテアーロン ピアソルマーリーン オッティマーリーン オッティカースティ コベントリーフランク フレデリクスライアン ロクテアリソン フェリックス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android