コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピテケロビウム Pithecellobium

世界大百科事典 第2版の解説

ピテケロビウム【Pithecellobium】

熱帯域に200種ほどが分化しているマメ科キンキジュ属の高木になる木本植物。托葉はしばしばとげ状になり,葉は2~3回羽状複葉で,少数から多数の羽片を有する。果実はコイル状によじれ曲がり,その形から英語でmonkey’s earringと呼ばれることがある。 キンキジュP.dulce Benth.(英名Manila tamarind,camachile,huamuchil,guamachil,Madras thorn)は中米熱帯原産で樹高20mをこえる大きさになり,枝を四方に広げて美しいので,熱帯域の街路樹としてしばしば栽植されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ピテケロビウムの関連キーワードマイケル フェルプスマイケル フェルプスライアン ロクテアーロン ピアソルマーリーン オッティマーリーン オッティカースティ コベントリーフランク フレデリクスライアン ロクテアリソン フェリックス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android