コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピトケアン諸島 ピトケアンショトウ

1件 の用語解説(ピトケアン諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピトケアン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ピトケアン諸島】

Pitcairn Islands》南太平洋東部にあるイギリスの海外領土。最も近い他の有人島と300キロメートル、ニュージーランドとは4000キロメートル離れた孤島。18世紀に英海軍艦「バウンティ号」で反乱を起こした乗組員らがたどり着き定住し始めた。中心地アダムズタウンがある主島ピトケアン島をはじめ、ヘンダーソン島・オエノ島・デュシー島など五つの島が散在する。人口48人(2010)と極めて少なく、自給的な農漁業で生活している。また、切手販売が外貨の主な収入源となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ピトケアン諸島の関連キーワードピトケアン島セセ諸島クック諸島ソロモン諸島マーシャル諸島サヴォリカナリアグレサイト無人岩三宅岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピトケアン諸島の関連情報