コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄返還協定(読み)おきなわへんかんきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄返還協定
おきなわへんかんきょうてい

正式には「琉球諸島および大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」 Agreement between Japan and the United States of America Concerning the Ryukyu Islands and the Daito Islandsといい,1971年6月 17日,宇宙中継を通じて東京とワシントン D.C.で署名された。協定本文のほか,「合意議事録」「VOAに関する交換公文」「海没地に関する交換公文」「施設・区域に関する了解覚書」「民間航空に関する了解覚書」「在琉球外資の取扱いに関する愛知外相書簡」の6つの関連文書が付属している。協定は前文および9ヵ条から成るが,前文では佐藤=ニクソン共同声明を基礎に沖縄が返還されることを再確認している。本文および付属文書では,(1) 返還後の沖縄には安保条約を含む日米間の条約,協定を適用すること,(2) 返還と同時に現在の米軍基地の大部分を施設,区域として再び提供すること,(3) 沖縄県民の対米請求権を原則的に放棄すること,(4) アメリカ資産の引継ぎなどの代償として日本側が3億 2000万ドルを支払うこと,(5) 裁判の効力を原則的に引継ぐこと,(6) VOA放送 (→ボイス・オブ・アメリカ ) を返還後も暫定的に存続させること,などが取決められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おきなわへんかんきょうてい【沖縄返還協定】

日本への沖縄の施政権返還を定めた日本とアメリカとの間の協定。1971年(昭和46)6月に調印、翌年五月発効。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄返還協定の関連情報