コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリン系医薬品 ピリンけいいやくひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピリン系医薬品
ピリンけいいやくひん

イソプロピルアンチピリン,スルピリン,フェニルブタゾン,クロフェゾン,ケブゾンなど,ピラゾロン誘導体の総称。過敏体質の人は,この種の薬品でピリン疹という発疹や,ピリン中毒などの症状を起すことが多い。 1966年2月にピリン系医薬品の入ったアンプル剤を服用した結果,ピリンアレルギーによるショックで死亡者が出たので,関心をひくようになった。現在大衆薬のなかには入っていないが,医家用には含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピリン系医薬品の関連キーワードイソプロピルアンチピリン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android