コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆薬 たいしゅうやく

3件 の用語解説(大衆薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆薬
たいしゅうやく

医薬品は,医師もしくは歯科医師によって使用され,またはこれらの発行する処方箋によって用いられる医療用医薬品と,一般消費者が薬局から処方箋なしで購入できる一般医薬品とに分類される。この一般医薬品を大衆薬 (over the counter drug;OTC) と呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしゅうやく【大衆薬】

処方箋なしで購入できる一般用医薬品。薬理作用が穏やかで、副作用も少ない。市販の風邪薬・胃腸薬など。 OTC 。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大衆薬の言及

【医薬品工業】より

…売上高からみると,武田薬品工業が最大で,三共,山之内製薬,藤沢薬品工業,塩野義製薬などが続く。大衆薬のトップ・メーカーは大正製薬である。なお日本では,医薬品の資本自由化が輸入販売業については73年に,製造業については75年に実施され,現在外資系企業が100社ほどある。…

※「大衆薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大衆薬の関連情報